ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > 損害保険

損害保険

<損害保険の基礎知識>

損害保険は「実際の損害額だけを補償する実損払い」が原則で、生命保険とは異なり損害額以上の保険金は支払われません。

保険の目的
保険をかける対象(火災保険など)に対しての保証。

被保険利益
契約者と保険の目的との間にある利害関係で、例えば家が火災になった場合、家主は損害をこうむります。
この家主、家、損害の関係が被保険利益にあたり、これを補償するために損害保険契約があります。

保険価格
損害発生時にこうむる損害額の最高値のこと。

保険金額
損害発生時に支払われる最高限度額で、基本的には、上記の保険価格と同じになる。
しかし、保険金額は契約時に設定する金額であるため、どの程度の保障をするかの設定により、保険価格との関係が変わってくる。

再調達価格
保険の対象物(保険の目的)と同じものを現時点で購入するのに必要となる金額。

時価額
現時点での評価額で、損害保険では時価額を使って算出するのが一般的。

通知義務
契約後に生じた重要事項の変更を契約者が保険会社へ連絡する義務。

<損害保険商品の特徴>

火災保険
住宅火災保険で対象となる被害は、火災だけではなく、破裂、落雷、爆発、風・ひょう・雪などによる被害も補償の対象となりますが、水災害、地震災害、盗難は対象とはなりません。
ただし、地震を原因とした火災に関しては、一定以上の損害が発生した場合には保険金の5%が支払われます。

火災保険は家財も補償の対象ですが、貴金属や美術品などの(明記物件)30万円を超えるものは、契約時に申し出をしなければ保障の対象とはならないので、注意する必要があります。

保険料は建物の構造と、都市計画上の用途地域で決まってきます。

保険金額
保険金額が保険価格の80%以上であれば、保険金額と保険価格が同額でなくても、最大保険価格まで補償されますが、保険金額が保険価格の80%未満の場合、一部保険となり、支払われる保険金は次のように計算されます。

  損害額×保険金額 /(保険価格×80%)

地震保険
地震保険への加入は、火災保険とあわせて契約することが条件となり、補償されるのは、地震による建物・家財の倒壊、火災が対象となります。

保険料は火災保険と同じように、建物の構造と都市計画上の用途地域で決まってきます。

保険金額
保険金額は主契約である火災保険で設定した保険金額の30%〜50%で決めなければならなりません。
ただし、上限として、建物5,000万円、家財1,000万円の制限があります。

また、火災保険と異なり、家財に関して明記物件は保障の対象外となるので注意してください。

保証の判断と支払い金額
地震保険で支払われる保険金は、全損、半損、一部損により、支払われる保険金が異なります。

1、全損----被害額が設定した保険金額の50%以上の場合で、地震保険金額の
         全額が支払われる。

2、半損----20%〜50%の被害額の場合で、地震保険金額の50% が支払われる。

3、一部損--3%〜20%の被害いの場合で、地震保険金額の5% が支払われる。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

2級検定試験対策一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system