ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > 生命保険(2)

生命保険(2)

<保険商品の特徴>

保険商品には、保険金額の保証されるかどうかによって、二つに分けられる定額保険と変額保険を理解しておきましょう。

定額保険・・・契約時に定めた金額で保険金が支払われる
変額保険・・・運用実績に応じて支払われる保険金が増減する

変額保険は、死亡保険金に関しては、契約時の保険金額が保証されていますが、運用実績により増減するのは、満期保険金と解約返戻金で最低保障がありませんから、運用成績が良くないときに満期を迎えたり、解約した場合、受取る金額が少なくなります。

定期保険
定期保険は契約した一定期間の間に万一のことが発生すると、契約時に定めた保険金が支払われる保険で、期間が終われば保障はなくなります。
一般的には保障額が変化しない「平準定期保険」ですが、保障額が期間を経るに従い変化していく保険もあり、だんだんと保障額が減っていく定期保険を「逓減定期保険」と逆に保障額が増えていく「逓増定期保険」があります。

<収入保障保険>

収入保障保険とは、年金形式で支払われる定期保険のことです。

終身保険
終身保険は保障期間が一生涯続く保険で、保険料の支払には払込期間を設定したものを「短期払い」、一生涯保険料を支払うものを「終身払い(全期払い)」といいます。

定期保険特約付終身保険
定期保険特約付終身保険は、一生涯の保障がある終身保険に、定期保険を特約として付けたもので、定期保険部分で割安な保険料で高額な死亡保障が確保できるため、特約付期間内に死亡した場合、終身保険と定期保険を合わせた保険金を受取ることができます。

アカウント型保険
アカウント型保険とは、保険料の一部を保証の保険料に充て、残りを積立金部分にためておくことが出来る保険で、利率変動型積立終身保険」とも言い、保険料払込期間中に死亡した場合、死亡保険金と積立金を受取ることができます。

養老保険
養老保険とは、一定期間の保障に加えて満期を迎えた場合に死亡保険金と同額の満期保険金を受取ることが出来る保険です。
この保険は、他の掛捨てタイプの保険と異なり貯蓄性も併せ持ち、保障を重視したタイプです。

個人年金保険
公的年金などと同じように、一定の年齢になると、毎年年金が支払われる保険です。
年金を受取る条件により、内容が異なります。

1、確定年金保険

定められた期間は年金が支払われるタイプで、期間中に被保険者が死亡した場合、未払い分を死亡一時金として受取ることが出来ます。

2、終身年金保険

被保険者が生存している限り年金が支払われるタイプです。
また、一定期間の保障期間を付けた「保障期間付終身年金保険」というタイプもあり、保障期間内は被保険者の生死にかかわらず年金が支払われ、保障期間経過後は、被保険者が生存している限り年金が支払われます。

3、有期年金保険

定められた期間内で、被保険者が生存している限り年金が支払われるタイプです。

4、夫婦年金保険

夫婦のどちらかが生存している限り、年金が支払われ、支払われる年金額も、変更はありません。

変額個人年金保険
投資型年金と言われているもので、運用実績に応じて年金額および解約返戻金が増減します。
死亡保険金は最低保証されておりますが、年金額および解約返戻金は最低保障が無いものもあります。

こども保険
教育費の準備を目的とした貯蓄性の保険で、契約者は親、被保険者は親と子供として加入する保険です。
親が死亡するとその後の保険料の支払いは免除され、満期時に子供が生存していれば、満期保険金を受取ることができます。

簡易保険
簡易保険は職業による加入制限を設けておらず、「小口・月掛け・無診査」が特徴で、保険金の加入限度額が被保険者一人当たり1000万円と定められています。
ただし、20歳〜55歳で加入後4年以上経過した場合は、300万円上乗せができ、累計1300万円まで加入できます。
ただし、平成19年10月からの郵政民営化により、簡易保険の新規加入は出来なくなりました。

共済
共済と保険の違いは、保険は不特定多数を対称にしますが、共済は特定の人(組合員など)を対象としています。

1、JA共済

原則は農協の組合員とその家族が対象ですが、一般の人でも准組合員として加入が可能です。

2、全労災

全国労働者共済生活協同組合の組合員とその家族が対象ですが、出資金を払えば、だれでも組合員になれます。

3、都道府県民共済

その都道府県に住んでいるか職場がある人が加入でき、全労災と同様、年齢や性別に関係なく、掛金が一律です。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

2級検定試験対策一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system