ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > 生命保険(1)

生命保険(1)

<保険制度の概要>

「リスク管理」の分野には、管理する方法として、「リスクコントロール」と「リスクファイナンシング」があり、FP試験の対象は「リスクファイナンシング」の方で、どういう意味かというと「病気や怪我などにより発生する経済的な損失について、あらかじめ準備をすること」です。

それに対しては、、生命保険や損害保険などの、私的保険が対象となります。

まずは、保険制度の概要について理解しておきましょう。

保険の種類

 ・生命保険・・・・年金保険や死亡保険などの人の生死に対しての保険。
 ・損害保険 ・・・火災保険や自動車保険などの事故に対して発生する損失を補填する保険。
 ・その他の保険・・医療保険、介護保険、がん保険などの病気や怪我の治療に対して保険金
             が支払われる保険。

保険契約者保護機構

生命保険会社、損害保険会社それぞれを対象とし、保険会社が破綻したときに、契約者の保護を図るために設立された組織です。生命保険契約者保護機構と損害保険契約者保護機構が別々に存在しています。

<生命保険の基礎知識>

保険料の仕組み

生命保険は、保険加入者が支払う保険料によって支えられており、保険料は3つの予定基礎率によって、計算されます。

1、予定死亡率

生命保険会社各社共通の「生保標準生命表」によって、性別や年齢ごとに定められた死亡率です。
死亡率が低くなると、その分、保険料が安くなります。保険料が若い人が安いのはこのためです。 この基礎率をもとに計算される保険料が、死亡保険料です。

   2、予定利率

積立金の予定運用利率で、運用によって得られる収益が多くなると予想されると、その分保険料が安くなります。
この基礎率をもとに計算される保険料が、生存保険料で満期保険金の支払財源となります。

3、予定事業費率

保険事業の維持、管理などの運営に必要な経費の割合で、この基礎率をもとに計算される保険料が、付加保険料です。

剰余金

生命保険会社はどのように利益をあげるかというと上記3つの予定基礎利率と、実際に必要になった保険金や費用の差により発生します。
予定と実際の差を「剰余金」と言い、基礎利率が3つあるように、それぞれに対応した剰余金があります。

1、死差益

予定していた死亡者より、実際の死亡者数が少なかったことで支払った保険金が少なかったことによる利益。

2、利差益

予定していた運用収益より、実際の運用収益が多かったことで発生する利益。

3、費差益

予定していた経費より、実際にかかった費用が少なかったことで発生する利益。

なお、剰余金のうち、一定割合は「配当金」として契約者に還元されます。
配当金は多めに支払った保険料を精算するものですので、非課税です。

<生命保険契約>

保険契約者などの表現で混乱しがちなことが「保険契約者」「被保険者」「保険金受取人」の違いです。

保険契約者

保険の契約をする人で保険料の、支払者はこの人になり、個人だけではなく、法人も保険契約者となることが出来ます。

被保険者

保障の対象となる人(保険がかけられている)です。

保険金受取人

保険金が支払われる人で、保険契約者によって指定されます。これも、個人だけではなく法人も受取人になることが出来、また、複数の受取人を指定することもできます。

責任開始日
生命保険の責任開始日は保険契約をした日ではなく、以下の3つが完了した日となります。

 1. 契約の申込
 2. 第1回目の保険料支払
 3. 告知(診査)

告知義務違反
契約者または被保険者は、契約の際に告知書や医師の質問に対して、ありのままの事実を告げる義務があります。
重要な事実を告げなかった場合や事実と違うことを告げた場合は「告知義務違反」となり、保険会社により契約が解除されます。
また、告知義務違反者が死亡したり、病気や怪我により入院した場合の保険金や給付金の支払は行われません。
ただし、解約返戻金があれば、これは払い戻しがされます。

クーリングオフ制度

申込の日を含めて8日以内に契約者本人が文書によって契約の解除を伝えることで、一方的に契約を撤回できる制度です。 ただし、下の例の場合はクーリングオフが適用されませんから注意しましょう。

 ・ 医師の診査を受けた契約
 ・ 保険会社の営業所などで契約した場合
 ・ 事業のための契約(法人など)
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

2級検定試験対策一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system