ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > 関連業法とライフプランニング基礎

関連業法とライフプランニング基礎

<関連業法とライフプランニングの基礎>

ライフプランニングと資金計画の中の、FP業務と関連業法は正誤問題で、必ず出題されますからしっかり覚えましょう。

税理士法
FPが税理士資格の無い場合、個別具体的な税務相談や税務書類の作成を行ってはいけない。
FPが税のアドバイスをする場合には、顧客の具体的な数値ではなく、仮定の事例によるプランニングや説明までになります。また具体的な税務相談は有償、無償を問わず禁じられています。

弁護士法
FPが弁護士でない場合、「一般の法律事務」を取り扱うことは出来ません。
一般の法律事務とは、個別具体的な事例についての法律的な判断を言い、事件性のあるものだけでなく、遺言状の作成などの事件性の無いものも含めて禁じられている。なお、税理士法と同様、有償・無償を問わないで禁じられています。

投資顧問業法
FPが、投資顧問業者の登録を受けていない場合、顧客のために投資の助言や投資の判断を行ってはならない。

しかし、「新聞、雑誌、書籍などの不特定多数の販売を目的として発行されるもので、随時購入できるもの」は規制の対象とならず、マネー雑誌や不特定多数の受講できるセミナーなどは、投資判断などをすることは出来る。

保険業法
ファイナンシャルプランナーが、保険募集人の資格を持たない場合、保険契約の締結の代理や媒介を行うことはできない。
プランニングに提案に保険商品を組み入れる場合もあくまで出来のは保障の見直し、適正額の算出などです。

「FP業務と関連業法」は基本的に、各専門家の業務を侵さない範囲での業務であるか否かがポイントとなる。

<ライフプランニングの基礎>

ライフプランニングには大切な3つのツール「キャッシュフロー表」「ライフイベント表」「バランスシート」があります。

キャシュフロー表
現在の収支状況とライフプランをもとに、将来の収支や貯蓄残高を予想し、表形式にまとめたものです。
キャシュフロー表を作成することで、現状を把握し、現状の問題点が見えるとともに将来のライフスタイルの変化などをを予測することが出来、これをもとに顧客の生活設計を行いますますから、重要なツールです。
特に「キャシュフロー表」は必ず出題されますから、例題なのでしっかり覚えるようにしましょう。

ライフイベント表
「結婚や住宅の購入」といった、将来のイベントを時間的な系列で表にまとめたものです。
これによって、家族が「いつ・何のために・いくら必要なのか?」がわかります。
ライフイベントの作成において、必要資金を見積もる場合は現在価値を使い、支出にばかりでなく予定退職金などの収入も忘れないようにしましょう。

バランスシート
一定の時点での資産と負債のバランスを把握するもので、表を作成し、左側に資産、右側に負債の記入していき、資産と負債の差額を純資産と言い、「資産<負債」の場合は債務超過となります。
バランスシートに記入する金額は時価を用います。

可処分所得
源泉徴収票の読み取りで出題ことがあるのが可処分所得です。
可処分所得は「総収入−(社会保険料+所得税+住民税)」で求められます。
それでは、源泉徴収票をから可処分所得を求める場合に各項目が計算式のどこに当たるのかを判断する必要があります。

源泉徴収票には「支払総額」「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」「源泉徴収税額」「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額」「損害保険料の控除額」住宅借入金等特別控除の額といった欄がありますが、可処分所得の計算に必要なものは「支払総額」「社会保険料等の金額」「源泉徴収税額」です。

源泉徴収票の可処分所得を求める計算式は「支払総額−(社会保険料等の金額+源泉徴収額+住民税)」となります。

6つの係数
ライフプランニングの基礎では計算問題で6つの係数が良く問われますから、6つの係数とはどういうものなのかを理解し、計算も出来るようにしておきましょう。

1、現価係数
現価係数とは将来の必要資金を得るために、現在必要な金額がいくらあればよいのかを計算する時に使用する係数で、教育資金や、住宅取得資金の頭金などを準備するには、今いくら必要なのかがわかります。

2、終価係数
現時点の資金を、一定の期間、一定の利率で複利運用した場合に将来に受け取ることが出来る金額を求める際に使用する係数です。

3、減債基金係数
減債基金係数とは、将来の目標金額を得るために一定の利率で複利運用しながら、毎年どれくらい積み立てる必要があるのかを求める係数です。

4、年金終価係数
年金終価係数とは、一定の利率である一定の期間複利運用しながら毎年積立をした場合、将来の積立合計額を求めることが出来る係数です。

5、年金現価係数
年金現価係数とは、一定の利率で複利運用しながら、一定の年金額をを受け取るためには現在いくら必要なのかを求めることが出来る係数です。

6、資本回収係数
資本回収係数とは、現在の資金を一定の利率で複利運用しながら、一定の期間内に毎年いくら受け取ることが出来るかを求める係数です。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

2級検定試験対策一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system