ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > FPに求められる知識

FPに求められる知識

FPは幅広い専門分野で取り入れられ、様々な業務に活躍しています。
それでは、FPには実際にどのような知識が求めれれているのか説明します。

金融商品に関する知識

企業〜各家庭にいたるまで、預貯金、債権、公社債、株式、外貨建て商品などの各種商品の特徴や利用方法、税金など、これらの知識を具体的な資産運用計画に役立てる知識が求められます。

不動産に関する知識

不動産のみならず、金融機関、住宅・建築関連と専門家の協力を得ることが多い分野ですが、ファイナンシャルプランナー自身も不動産に関する法律、税務やローン、不動産の見方や市場動向、実際の売買方法、有効活用の方法などの基礎知識が必要となります。

相続設計に関する知識

相続設計は不動産業者や税理士と協力しながら進めることが多い業務です。
ファイナンシャルプランナー自身も法律、税金問題、遺言に関する知識や相続対策としての保険、不動産の利用など、相続に関する知識が必要です。

タックスプランニングに関する知識

所得税、住民税、法人税に関する知識や節税のための知識が必要ですが、これらに関する業務(税務相談、税金申告、納税業務)は税理士の独占業務ですから、タックスプランニングや相続設計は、税理士の協力が必要不可欠となります。

キャッシュフロー分析に関する知識

給与や年金などの「収入」と、生活費、教育費、結婚資金、住宅購入資金、老後の資金などの「支出」のお金の流れがライフステージでどのように変化していくかを分析します。

この分析によって家計の問題が把握でき、解決策を提示できます。
分析にあたっては、「ライフイベント表」や「キャッシュフロー表」の作成方法、および各種資金に関する知識が必要となります。
問題点がない場合は、効果的な資産運用を提案するのも重要な業務となります。

リスクマネジメントに関する知識

人生においては家族の病気や、リストラ、減俸、地震や火災による損害、不慮の出費や、諸事情による収入の減少・・・といった様々なリスクがあります。このようなリスクに対し、あらかじめ経済面で備えておくことをリスクマネジメントといいます。
リスク額の算出方法や、生命保険、損害保険の商品内容とその利用方法、また、税金に関する知識などが必要となります。

老後の生活設計に関する知識

平均寿命の延長とともに、老後の生活が平均20〜30年になると言われています。

この第2の人生において、必要な資金計画についての見積もり方法、公的年金、企業年金、個人年金に関する知識や退職金にかかる税務に関する知識などが求められます。。

資金調達方法に関する知識

個人ローンの利用基準や法人の金融機関からの資金調達方法、株式発行による資金調達方法などの知識が求めれれます。

その他の知識

子供が進学するために必要な教育費に備えるため、計画的な貯蓄や必要な額の見積もり方、教育ローンの知識、子供向けの保険の知識などが求められます。

コンピュータを利用してプラン作成をすることや、各種シミュレーションを行うことが多いため、各ソフトの内容を正確に理解し、使いこなしていくことが必要です。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

FPの知識と業務一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system