ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > FPの将来性

FPの将来性

2002年に、「FP技能士」という国家資格が誕生して、それまでマイナー資格だったファイナンシャルプランナー(FP)が一気に注目を集めるようになりました。

ファイナンシャルプランナー(FP)の先進国はアメリカで、もともと資産運用が盛んな国なので、ファイナンシャルプランナーが活躍しやすい環境といえます。

日本においては、日本人は投資思考が低いのが原因かもしれませんが、日本ではまだ独立して活動している方は少ないようです。

特に日本でのFP技能士誕生時は財テクブームの時代で、「FP=財テクアドバイザー」といった誤解されたイメージがいまだに払拭されていない面もあります。

しかし、今後資産運用の需要が増えることは間違いありませんから、ファイナンシャルプランナーに対する社会的なニーズは拡大しているといえます。

FPの将来性

1、個人金融資産の増大と、金融の自由化による金融商品の多様化による商品
  選択や、税制の複雑さに対する需要。

2、高齢化が急速に進行することで、自分自身で老後の生活を守る必要性が
  高まっている需要。

3、先の見えない経済状況と、自己責任型へ移行する社会に対し、生活の保護や
  リスクに対応する知識の需要。

このような社会的背景がファイナンシャルプランナーを求めている最大の要因になります。

そのため、ファイナンシャルプランナーは活躍の舞台が広範囲に及び、金融分野なら、銀行、証券会社、保険会社などで、不動産関連なら不動産会社、住宅メーカー、建設業者・・など。

それぞれ、顧客に対し様々な点から現状分析し、そこから、将来の貯蓄や投資、税金対策も考慮した上で自社及び他社の商品を説明することができるため、大変有利となります。

個人の生活においても、金融自由化や年金制度に不安がある今日において、自身の資産を守り、運用していく上でも重宝する資格といえます。
こうした各種の社会的背景を受け、ファイナンシャルプランナーに対するニーズは、今後もより一層高まり、ファイナンシャルプランナーの将来性は大きく広がっているといえるでしょう。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

FPを知る一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system