ファイナンシャルプランナー,FP,FP資格,FP試験

ファイナンシャルプランナー 1級,2級,3級資格試験 通信教育講座

サイトトップ > FPの報酬

FPの報酬

FPが業務を行ったときに受ける報酬については、特に規定がなく企業雇用型FPの場合は、企業の採用条件が優先されます。

しかし、独立系のFPは事前にある程度の報酬規定をもうけて、それに応じて請求している場合が一般的です。

例えば、物件ごとの相談料としてのスポット契約の場合、1時間5000円〜10,000円などや、長期的・継続的なアドバイスを行っていく場合は顧問報酬として、月額20,000円〜100,000円などです。

他には顧客の資産やライフプランの提案で、相続設計などで顧客の資産の何パーセント、あるいはプランを作成したことによって期待できる効果の何パーセントかをプラン作成料とする場合もあります。

また、FP会社によっては、プラン作成料は一切不要だが、そのプランが実行に移された際の収益によって作成料を徴収する成功報酬型もあります。

その他、雑誌や新聞などマスコミへの掲載依頼も多く、原稿料としての報酬が多い人もいます。相談能力、提案能力の高いFPはどんどん顧客が増えていきます。

日本FP協会が求めるFPとしての素養の中に「顧客に対してファイナンシャル・プランニングを行うための基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術、プラン実施援助のための諸知識を有している」という項目がありますが、この項目をいかに磨いて発揮するかが、FP業務の報酬バロメーターと言えるでしょう。
 
通信・通学教育講座を比較しよう

通信・通学教育は、自分のペースに合わせて受講できるシステムを選択するのが、合格への一番の近道です。 実績と合格率のよい通信・通学教育講座を紹介します。
れも無料で資料が請求できますから、比較検討してみましょう。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座


【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

◆「株式会社きんざい」通信講座 (※資料請求なし)

ダブル資格の取得を目指す通信教育「2級FP技能士(AFP)受検対策講座」


FP関連書籍紹介





グループホームページ

       
  家を建てる       住宅ローン.com    カラーコーディネーター  太陽光発電


 
  行政書士


  かんたん相互リンク


SEO対策:FP通信教育ライフプラン財政家計

FPを知る一覧

FPを知る

FPの知識と業務

FP試験と過去問・解答

3級検定試験対策

2級検定試験対策

AFPになろう

FPコラム

リンク集


inserted by FC2 system